こだわりを形にする注文住宅、メリットとデメリットを考える

窓の大きな開放的な家

マイホームを持つなら、自分のこだわりや家族のライフスタイルが反映されたものにしたい。そう考える人が増えています。注文住宅や輸入住宅、デザイン住宅といったこだわりの家づくり。最近は個人の趣向を重要視した、オリジナリティーあふれる家を提案する工務店が増えています。

選べる、こだわりを形にする住宅

山の中に建つ和モダンな家

長年、夢見ていたマイホーム。どうせマイホームを持つなら、譲れないこだわりがある。最近は個性や独創性にあふれた家をつくりたいという人が多いようです。これまでは住宅購入というと、大手ハウスメーカーの建売住宅をイメージすることが多かったと思いますが今は違います。ひと言で「家を建てる」と言っても、現在はその建て方を選べるようになった…選択肢が増えているのです。

現在、注文住宅やデザイン住宅といったものが、人気の選択肢となっています。その中から今回は注文住宅について詳しくご紹介します。

注文住宅とは何ですか?

一軒家バー

注文住宅は、かんたんに言えばオーダーメイドスタイルで、住む人が自身の趣味・こだわりを反映させてつくる家です。ただ、自身の趣味・こだわりを反映させると言っても、家という大きな買い物です。ハウスメーカーが販売するこれまでの建売住宅には、誤解を恐れずに言えば、個性を反映する隙間などありませんでした。

注文住宅を得意としているのは工務店です。お住まいの街やエリアに必ずある、地域密着型の工務店。工務店は、住む人と相談しながら、住む人の思いやライフスタイルを設計に落とし込んでいく家づくりを得意としています。

2種類の注文住宅

注文住宅には、大きく分けて2つのタイプがあります。自由度が高いフルオーダー住宅と、パーツを選ぶ感覚でつくるセミオーダー住宅です。

フルオーダー住宅

フルオーダー住宅は、新築する住宅に使用する建材、建具などを、住む人が選びつくりあげる住宅です。建築基準に触れない限りは、かなり自由に家をデザインできると言っていいでしょう。ただ、これだけ自由度が高いということは、オーダーする側にもある程度建築に関する知識が求められることを意味します。工務店と相談しながら計画を進めていくとは言え、自分の理想を形にすることは、そう簡単なことではありません。

フルオーダー住宅は豊富な資金と時間を必要とします。そこまで余裕が無いのであれば、セミオーダー住宅の方がおすすめです。

セミオーダー住宅

セミオーダー住宅は、最初から家の基本的な仕様については固定されている住宅です。セミオーダー住宅では、その基本的な仕様以外の部分を選んでいきます。選べる箇所は「間取り」「住宅設備のカラー」、「外壁のカラー」などです。基本形が既に決まっているため、フルオーダーと比較すると価格は低めです。

注文住宅・長所と短所(メリットとデメリット)

キッチン

注文住宅は、お金のことも時間のことも考えないのであれば、理想的なマイホームになるでしょう。しかし、お金も時間も我々にとって大切な要素です。注文住宅の長所と短所をまとめてみました。マイホームの夢を実現する前に、必ずチェックしておきましょう。

注文住宅の長所(メリット)

  • 建築の進行状況を確認可能
    新居を注文住宅の形で建設する場合、その建築の進行状況を自身の目で確かめることができます…というよりも、確かめに行くべきです。これは、実は手抜き工事を防ぐという点において、ひじょうに有効です。現場で作業に当たっている業者にとっては、良い意味でのプレッシャーです。施主がいつ見に来てもいいように、手抜かりなく作業してくれるでしょう。
    業者によっては施工点検を外部の団体に依頼して行っているケースもあります。自主的に施工状況をチェックしているわけで、このような工務店は信頼度が高いと言えるのではないでしょうか。
    建売住宅の場合は、既に建っている状態で住宅が販売されます。この状況だと施工不良があっても確認することはできません。
  • 設計・建築の自由度
    注文住宅は、もともと住む人の好みやこだわりを反映させる家づくりが目標ですから、ルールにはもちろん制限されますが、設計・建築の自由度が高いという長所があります。
    「玄関は吹き抜けに」
    「キッチンは対面式」
    「リビングは風が通るよう全開可能」
    など、可能な限りのわがままを通せるのが、注文住宅のいいところではないでしょうか。
  • こだわりの家づくり
    注文住宅は、住む人のこだわりを取り入れてつくる住宅です。注文住宅をオーダーする誰もが、理想のマイホームを心に描いていると思います。こだわりや創造性、家族の趣味、仕事…さまざまな要素を設計に落とし込んで家を作る。これがフルオーダーの注文住宅です。逆に何のこだわりも無いようなら、注文住宅を選ぶ理由はありません。資金面や時間的なことも考え、建売住宅を検討した方がいいでしょう。
  • 高い資産価値
    注文住宅は、一般的に資産価値が高いと言われています。信頼のおける工務店で施工した場合に限りますが、高品質の建材を使い、家のひとつひとつのパーツにもこだわっている注文住宅は、建て売りよりも資産価値が下がりにくいようです。
  • メリハリのある予算の使い方
    ハウスメーカーの住宅を購入する場合、
    「グレードの高い住宅はすべてが高級」
    「グレードの低い住宅はすべてが普通」
    ということがほとんどです。注文住宅の場合、一般的に予算は建売住宅より高くなりがちですが、
    「こだわるところはこだわる」
    「妥協するところは妥協」
    といった具合にメリハリを付けて予算配分することができます。
  • オンリーワン
    やはり注文住宅は特別です。特にフルオーダー住宅は、世界にひとつだけの、真のオンリーワンになります。この特別な家に対しては、自ずと特別な感情を覚えます。こだわりがあるなら、まよわず注文住宅です。オンリーワンを手に入れましょう。

注文住宅の短所(デメリット)

  • 完成まで時間がかかる
    建売ならすぐに入居することができますが、注文住宅の場合は時間がかかります。注文住宅の場合は、工務店と相談しながらさまざまな事柄を決めていくため、契約や着工に至るまでにも数ヶ月を要することがあります。時間をかけるからこそ、完成したときの喜びも大きい。そんな考え方もありますが、やはり手間が多く時間がかかることはデメリットと言えるでしょう。
  • スペシャルなだけに高い?
    オンリーワンの注文住宅は、同規模の建売住宅と比較すると、その価格はやはり高めになります。ディテールまでこだわってデザインすることのできる注文住宅は、どうしても手間が多くなるため、価格が上がるのは宿命とも言えます。その代わり、長所の項で触れたように、メリハリを付けた予算配分をすることは可能です。削るところは削ることもできますので、上手にお金を使いましょう。
  • 予算に余裕を持たせる必要がある
    これは注文住宅に限ったことではないかもしれません。家は高い買い物になりますし、想定外の出費を考えておくことは必要です。たとえば住宅の建設を予定している土地の地盤が軟弱なことがわかった場合、地盤改良工事を施さなければなりません。これだけでも、少なくとも数十万単位のお金がかかります。不運と言えますが、こういった事態に備えて予算は少し多めに割いておきましょう。

家族全員が楽しく暮らせる家を作るなら注文住宅

気持ちよさそうに寝る子供

住む人と工務店が相談しながら作り上げる注文住宅は、家族のライフスタイルや好きなことがそのまま詰まった生活空間になります。家族全員が気持ちよく、楽しく暮らせる家。そんな家をお望みなら、注文住宅は最高の選択肢になるでしょう。